薄毛に悩む方は髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境づくりを心がけること

薄毛に悩む方は普段の生活習慣を見直し、髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境を作ってあげることが必要です。

髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境作りには適度な運動、食事、喫煙、睡眠、目の疲労、ストレスを改善することにあります。

まずは「運動不足にならないようにすること」です。

運動不足解消のためウォーキングで運動量を増やしてあげる適度な運動を毎日の生活に摂り入れることで、代謝が良くなり、血流を促してくれるので、髪の毛に必要な栄養素が届きやすい状態へと近づけてくれます。

「暴飲暴食は避け、栄養バランスの良い食事を心がけること」も薄毛になりにくい生活習慣に必要なことです。

栄養バランスが乱れた食事、例えば脂肪分が多い食事やカロリーが高い食事、香辛料をたっぷり使った食事を毎日多く食べてしまうと血流が乱れたり、頭皮環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

1日3食しっかり食べて、野菜、果物、肉類、魚類などをバランス良く摂れる食事を心がけていくと良いです。

そして「タバコは薄毛の原因物質を増やしてしまうので、タバコを控えること」も薄毛リスクを低くする生活習慣につながります。

タバコは髪の生育を阻害し、血流を悪くするニコチンや一酸化炭素が含まれているので、普段からタバコの量が多い方は血流が悪く髪の毛に必要な栄養が届きにくくなるので、薄毛リスクを高めてしまいます。

実は、目の疲労が蓄積されてしまうことも薄毛リスクを高めてしまいます。「目を疲れさせないように酷使させないこと」も薄毛から守る生活習慣と言えます。

髪の毛はケラチンという物質で構成されています。そのケラチンはシスティンという物質から合成されています。

システィンは目の疲れを回復させるために使われている物質で、目の疲れが溜まって眼精疲労が起こると、目の疲労回復のためにシスティンが大量に使われてしまいます。

それによって髪の毛の生成に回される分が減ってしまうので、薄毛のリスクが高くなってしまうのです。

それから、ストレスは頭皮の環境を乱し、薄毛のリスクを高めてしまうので「ストレスを溜めないこと」頭皮改善に大切です。ストレスを感じると自律神経がバランスを崩して、血管が収縮し血流を悪くします。

ストレスが溜まると脳が興奮状態となり、眠れなくなります。睡眠中は髪や頭皮の痛みを修復し、健康な髪の毛を作ってくれる成長ホルモンが分泌されます。

しかし、睡眠中全ての時間帯に分泌されるのではなく、成長ホルモンの分泌が活発になるのは夜22時から夜中の2時の時間帯なので、その時間帯に熟睡できていないと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、髪の毛の成長をサポートする毛母細胞の働きも悪くします。

「ストレスを適度に発散させて、睡眠をしっかりと確保し、成長ホルモンの分泌を活発な状態にすること」が薄毛に良い生活習慣と言えます。

よって、普段の生活習慣を改善していくことで頭皮環境向上や髪の毛の成長にも効果をもたらしてくれることが分かります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です