日頃の生活習慣の見直しでハゲ、薄毛は避けられる

私の家系は代々、ハゲの家系です。それも、父方も母方もそろってハゲばかりなのですから、救いようがありません。

私は思春期の中学生のころから、その事実が気になり始め、野球部で丸刈りだったのですが、生え際の部分が薄く、後退していっているような気がして、若ハゲだった先生に、「ハゲないようにするにはどうればいいか」訊いたこともありました。

しかし、あのころから30年が経過し、私も46歳となりました。私の父や祖父なら、すっかりツルツルになっていた年代です。しかし私は、今もフサフサと髪の毛が残っていて、先日もふざけてリーゼントカットを試したところです。

今の自分を保つことができたのは、自分なりの努力があったのではないかと思っています。

私は、30歳を前にハゲてしまった父に、「なぜハゲたのか」訊きました。父が言うには、「遺伝のせいもあったかもしれないが、自分のケアもいい加減だったのではないか」とのことでした。

父は、若いころから作業員の仕事をしていてヘルメットをかぶる仕事をしていました。いつも頭が蒸れていたそうです。にもかかわらず、毎日、きちんと頭を洗って頭皮を清潔にしていなかったというのです。

さらには、父は脂っこい食事が好きで、そういうものばかり食べていたと。また、ストレスをためやすい性格でしたが、それを発散する術をしらなかったと。

「だからハゲたのではないか」と父が寂しそうに言いました。

それを聴いたのが私が20代前半の頃でしたが、以来、私は、「父と正反対のことをやろう」と決意しました。

①頭を清潔にたもつ②食生活に気をつける③ストレスを溜めない、その3点でした。

頭の清潔は、毎日きちんとシャンプーしました。しかも髪の毛を洗うというよりも、頭皮をしっかり洗いました。その時、あまりシャンプーをつけず、泡立てるようにして、洗うというよりも頭皮の血行を良くするようにマッサージしました。

続いて食生活ですが、私も父同様、脂っこい食べ物が好きだったのですが、食べるときと我慢するときを分けました。とにかくバランスの良い食生活を心がけました。

最後にストレスですが、とにかく嫌なことがあってもそれを忘れて次のステップに進めるように、うまく気分転換をしました。

そんな努力をして20年ほどが経過しましたが、今も髪の毛はフサフサで、父からは「突然変異だな」と言われます。しかし、突然の変異などではなく、私の努力のたまものだと思うのです。そのためには、父の失敗した立場からのアドバイスも生きたと思います。

薄毛、ハゲ。これは、逃れられない運命であるとは限らないです。努力で運命も変えられる場合があるのだと思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

食生活を改善していけば薄毛改善

自力で薄毛改善していくときに育毛剤を利用した本格的方法と生活の中で簡単に行える方法があって、薄毛の進行食い止めたければ育毛剤がいいでしょう。

そしてそこまで薄くないがこれから薄毛になってしまうのを予防していきたければ生活の中で簡単に行える改善法があります。そして本格的に改善していくときに育毛剤を使っていきます。

育毛剤、発毛剤は全く別であり、そうした点を考慮してどれが自分に合うかを選択してみてください。そして今ある髪の毛しっかり育てたい人、脱毛を改善したい方にいいのが育毛剤であり、医薬部外品で効果認められていて、これは育毛、発毛促進や抜け毛予防などがあります。

そして、今ある毛を大事に育てて抜け毛量を減らして頭皮環境改善など期待可能です。人体へ作用が強くないことも医薬部外品である特徴。使用上の注意守って新たな髪をはやしたければ発毛剤がいいでしょう。

これは発毛効果あると認められてる医薬品であり、大きく外服薬と内服薬に分類可能です。そして発毛剤は副作用があって、利用上で使用方法を守ってください。

そして、まだそこまで薄毛進行してるのではないが、将来のため今から薄毛予防していきたいといったときに普段の生活中可能な薄毛予防があります。育毛剤などで本格対策する人も参考にしてください。

髪の毛に十分栄養が行くように栄養バランス取れた食事をしてください。そして髪の成長はたんぱく質や亜鉛などがかかわっていて、こうした物がふくまれてる食物を意識的にとって改善していきます。

また、睡眠中成長ホルモン分泌されて髪の毛の新陳代謝が進み、睡眠不足なら気がしっかり成長しなくなっていきます。目安は6時間以上眠ってください。

そして、成長ホルモンは眠りについてはじめ3時間のうち多く分泌されていって、深い睡眠とれるようにしてください。そして、ストレスは直接的に薄毛要因となるのではないですが、長い目で見れば髪の毛にとっていい影響もたらさないです。

ストレスは自律神経乱して結果血行不良を生じさせていき、これが悪くなければ髪の毛に十分栄養が送られなくなって薄毛になってしまうことがあります。

薄毛改善でシャンプーは頭皮状況にあったのを選択ください。普段から頭皮がべたつきがちなら洗浄力強いシャンプーで皮脂を落としていきます。そして、頭皮の乾燥しがちな人はほしょつ力高いシャンプーが便利です。

乾燥した頭皮に洗浄力強いシャンプーを利用すれば頭皮は不足した皮脂補っていくため皮脂過剰分泌していきます。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

薄毛に悩む方は髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境づくりを心がけること

薄毛に悩む方は普段の生活習慣を見直し、髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境を作ってあげることが必要です。

髪の毛に必要な栄養が届きやすい環境作りには適度な運動、食事、喫煙、睡眠、目の疲労、ストレスを改善することにあります。

まずは「運動不足にならないようにすること」です。

運動不足解消のためウォーキングで運動量を増やしてあげる適度な運動を毎日の生活に摂り入れることで、代謝が良くなり、血流を促してくれるので、髪の毛に必要な栄養素が届きやすい状態へと近づけてくれます。

「暴飲暴食は避け、栄養バランスの良い食事を心がけること」も薄毛になりにくい生活習慣に必要なことです。

栄養バランスが乱れた食事、例えば脂肪分が多い食事やカロリーが高い食事、香辛料をたっぷり使った食事を毎日多く食べてしまうと血流が乱れたり、頭皮環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

1日3食しっかり食べて、野菜、果物、肉類、魚類などをバランス良く摂れる食事を心がけていくと良いです。

そして「タバコは薄毛の原因物質を増やしてしまうので、タバコを控えること」も薄毛リスクを低くする生活習慣につながります。

タバコは髪の生育を阻害し、血流を悪くするニコチンや一酸化炭素が含まれているので、普段からタバコの量が多い方は血流が悪く髪の毛に必要な栄養が届きにくくなるので、薄毛リスクを高めてしまいます。

実は、目の疲労が蓄積されてしまうことも薄毛リスクを高めてしまいます。「目を疲れさせないように酷使させないこと」も薄毛から守る生活習慣と言えます。

髪の毛はケラチンという物質で構成されています。そのケラチンはシスティンという物質から合成されています。

システィンは目の疲れを回復させるために使われている物質で、目の疲れが溜まって眼精疲労が起こると、目の疲労回復のためにシスティンが大量に使われてしまいます。

それによって髪の毛の生成に回される分が減ってしまうので、薄毛のリスクが高くなってしまうのです。

それから、ストレスは頭皮の環境を乱し、薄毛のリスクを高めてしまうので「ストレスを溜めないこと」頭皮改善に大切です。ストレスを感じると自律神経がバランスを崩して、血管が収縮し血流を悪くします。

ストレスが溜まると脳が興奮状態となり、眠れなくなります。睡眠中は髪や頭皮の痛みを修復し、健康な髪の毛を作ってくれる成長ホルモンが分泌されます。

しかし、睡眠中全ての時間帯に分泌されるのではなく、成長ホルモンの分泌が活発になるのは夜22時から夜中の2時の時間帯なので、その時間帯に熟睡できていないと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、髪の毛の成長をサポートする毛母細胞の働きも悪くします。

「ストレスを適度に発散させて、睡眠をしっかりと確保し、成長ホルモンの分泌を活発な状態にすること」が薄毛に良い生活習慣と言えます。

よって、普段の生活習慣を改善していくことで頭皮環境向上や髪の毛の成長にも効果をもたらしてくれることが分かります。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする